『StoryWriter』Vol.7

毎回3組のアーティストを深く掘り下げて特集するZINE
『StoryWriter』のVol.7が、2020年3月下旬に発売。

『StoryWriter』は、音楽記者で編集者の西澤裕郎が2009年に10月に創刊したZINE。

毎号テーマを設け、3組のアーティストをじっくり取り上げるというコンセプトの元、Limited Express (has gone?)、ECD、kirihito、イルリメ、neco眠る。、あらかじめ決められた恋人たちへ、SuiseiNoboAz、神聖かまってちゃん、クリトリック・リス 、ドラびでお、埋火、など、独自の視点で、同誌が格好いいと熱狂できるものを取り上げてきた。

2011年9月に発行されたVol.6を最後に発行がストップしていたが、今回約9年ぶりに発行される。

テーマは「破壊と再生」で、BiS、DJ後藤まりこ、東京初期衝動の3組への密着記事、インタビューと論評が掲載される。

『StoryWriter』の販売はSWの通販サイトにて行われるほか、音楽ショップや全国各地のセレクトショップで販売予定。

通販は本日19時よりSW通販サイトで予約開始されているので気になる人は早めにチェックしておこう。

また、販売店情報は随時、StoryWriterのTwitterやWebで発表される。
Twitterアカウント(@storywriter_inc)もフォローしておこう。

■『StoryWriter』Vol.7復刊にあたって
『StoryWriter』は、2009年に会社員をする傍ら、音楽記者として駆け出しの中、創刊したファンジンです。なんの知識も繋がりもなかったけれど、情熱と溢れる気持ちだけが詰まったZINEでした。

2011年9月に出したVol.6を最後に、しばらく『StoryWriter』を発行していませんでした。それは、初めて出したときのような情熱を込めたものが作れるかという想いがあったからです。

しかし、2019年、本当に取り上げたいと思える3組が頭の中でガツンと結びつき、絶対に作りたいという気持ちになりました。BiS、DJ後藤まりこ、東京初期衝動。3組とも強い気持ちと行動力を持っている人たちばかりです。

今回、3組を取り上げさせてもらうにあたり、彼女たちに感化されっぱなしでした。
あの頃の情熱を持って作ったと思っています。

10年前から変わってしまったものはいろいろあるけれど、これが僕にとっての原点です。
ぜひお手にとってもらえたら嬉しいです。

StoryWriter編集長 西澤裕郎

■商品情報
『StoryWriter』Vol.7
発売日 : 2020年3月下旬より順次発送
価格 : 1,200円(税別)
仕様 : A5サイズ、全カラー
内容:
◎BiS
・世界を変えることを本気で信じる夢想家で革命家――怒涛の半年間を駆け抜けたに第3期BiS密着レポート(西澤裕郎)
・論評:BiSに飲み込まれていく少女達の人生について(岩淵弘樹)
◎DJ後藤まりこ
・僕の中から怒りを取ってしまったら、僕じゃなくなる――DJ後藤まりこ、半生を語る2万字インタビュー(西澤裕郎)
・論評:DJ後藤まりこには敵わない(横澤魁人)
◎東京初期衝動
・銀杏BOYZに衝撃を受けたギャルたちのパンクロック(西澤裕郎)
・論評:あたしの再生ボタン(124)

予約方法:SW通販サイトより https://storywriter2.thebase.in/
※3月13日(金)19時~
※予定冊数に達し次第、受付終了

・SW HP http://storywriter.co.jp/
・SW Twitter @storywriter_inc

¥ 1,200

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 日本郵政またはヤマト運輸にて発送します

    全国一律 400円
通報する

ショップの評価