『FUCK and FUCK』映画「世界でいちばん悲しいオーディション」とはなんだったのか? Ver.

WACKとSWの企画によるZINE『FUCK and FUCK』の
最新号は、今年1月に公開されロングランを記録した
映画『世界でいちばん悲しいオーディション』を徹底特集。

監督・岩淵弘樹とプロデューサー・渡辺淳之介による対談をはじめ、
2018年のWACK合宿オーディションに参加した
モモコグミカンパニー、キャン・GP・マイカ、ペリ・ウブ、パン・ルナリーフィの座談会、
同オーディションに合格した候補生たちによる同期座談会、
バクシーシ山下やエリザベス宮地をはじめとしたカメラマン座談会が掲載される。

また、今年3月に開催されたばかりの「WACK合宿オーディション2019」の
密着レポートも外林健太による写真とともに掲載予定。

「映画『世界でいちばん悲しいオーディション』とはなんだったのか? Ver.」は
1週間限定の予約受付となっており、
前回に引き続きナンバリング入りの数量限定商品。

発送は4月30日以降順次行われる予定。

■商品情報
『FUCK and FUCK』映画「世界でいちばん悲しいオーディション」とはなんだったのか? Ver.
発売日 : 2019年4月30日(月)より順次発送
価格 : 1,500円(税別)
仕様 : A5サイズ、48ページ(予定)
※予定冊数に達し次第、受付終了
※2019年4月30日(月)より順次発送と
記載させていただいておりましたが、GW進行の都合上、
お客様のお手元に届くのがGW明け前後になってしまいそうです。
大変申し訳ございません。
到着までいましばしお時間をいただけますこと
ご容赦いただけますと幸いです。

内容:
対談:監督・岩淵弘樹×プロデューサー・渡辺淳之介
WACKメンバー座談会:モモコグミカンパニー(BiSH)×キャン・GP・マイカ(GANG PARADE)×ペリ・ウブ(BiS)×パン・ルナリーフィ(BiS)
候補生座談会:月ノウサギ×ハルナ・バッ・チーン×ムロパナコ×トリアエズハナ×ミュークラブ×MAHO EMPiRE×MiKiNA EMPiRE
カメラマン座談会:バクシーシ山下×エリザベス宮地×西光祐輔×白鳥勇輝
POINT OF VIEW:「WACK合宿オーディション2019」レポート


※4月15日(月)〜4月22日(月)24時までの限定受付
※予定冊数に達し次第、受付終了となります。
※発送は4月30日以降順次お届けいたします。

・WACK HP http://www.wack.jp/
・SW HP http://storywriter.co.jp/

¥ 1,620

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 日本郵政またはヤマト運輸にて発送します

    全国一律 400円
通報する

ショップの評価